鹿児島 インプラント歴25年、通算8000本以上のインプラント埋入実績

フリーダイヤル0120-24-4618 受付時間:10時〜20時(年中無休)

よしどめ歯科のインプラント治療

All-on-4(オールオンフォー)について

よしどめ歯科について

総医院長ブログ 院長のひとりごと、よしどめ歯科NEWS等

スタッフブログ よしどめ歯科通信 スタッフ協力し合って更新しています。

各医院のご紹介

インプラントQ&A

Q インプラント手術に痛みや腫れはありますか?手術と聞いただけで、ドキドキしてこわいのですが・・・

インプラント手術は、十分な局所麻酔下で行うため、基本的に痛みや腫れもあまりありません。歯ぐきを切ったり、骨を削ったりする場合は、痛みや腫れがでてくる可能性はありますが、ほとんどお薬を飲めば問題はありません。また、「フラップレス」という手法では歯ぐきを切らないため、痛みや腫れを少なくするだけでなく、出血を減らし、手術時間や治療回数も短縮することができます。
よしどめ歯科では、麻酔専門医による静脈内鎮静法を用いたリラックス治療を行っています。全身麻酔とは違って、意識や反射が完全に無くなることはなく、半分寝ているような感覚で、会話をすることもできます。腕に点滴をしながら鎮静剤や鎮痛剤が入ることにより、手術中の不安や緊張などが無くなり、腫れや痛みも少なくなります。また、血圧・脈拍・心電図・SPO2値(動脈血酸素飽和度)を確認しながら全身管理を行うため、高齢者や全身疾患を有する方でも安心です。

Q インプラント治療が適している人とそうでない人がいると聞きました。それはどのような違いですか?

基本的に骨の成長が終了する16歳以上が適応となり、年齢の上限はありません。しかし、重度の心臓病、糖尿病など全身的な疾患がある方には、インプラント治療が適さない場合があります。これらが十分にコントロールされている状態であれば、ほとんどの方はインプラント治療を受けることが可能です。
また、他院で「骨の少なくてインプラントができない」と言われた場合でも、多様な骨を増やす手術(GBR法、サイナスリフト法、ソケットリフト法、スプリットクレスト法)を行い、あらゆる難しい症例にも対応することができます。そのためにも、よしどめ歯科では、歯科用CTを導入することにより精密な診査、正確な診断、安全で確実なインプラント治療を可能としました。平面から立体(3D画像)で分析できるため、従来のレントゲンでは分からなかった骨の高さや幅、神経や血管の位置、上顎洞との距離などが正確に知ることができるようになりました。そして、いままであきらめていた方へ、より安全で正確な治療を提供することができるようになりました。

Q インプラント治療は、どのくらいの費用がかかりますか?

インプラント治療は健康保険が適応されない自由診療になります。
治療内容により費用は異なりますが、1本25万円からになります。この内訳は原材料代に加え、技術料、設備費、管理料、などを含みます。豊富な実績と確かな技術に基づき、適切な費用が設定されています。また、10年保証によりアフターケアも万全です。インプラント治療は全て医療費控除の対象となり、ご都合に合わせてローン及び各種クレジットカードがご利用できます。

Q インプラントは、どのくらい持ちますか?長持ちさせるための手術後のケアの方法は、ありますか?

インプラントそのものは半永久的で、変質したり、腐食したりすることはありません。しかし、お口の中でインプラントをできるだけ長持ちさせるためには、自分の歯と同じような手入れが必要です。特に、糖尿病など全身疾患、歯周病、喫煙習慣のある方は要注意です。 歯磨きやかみ合わせのチェックのため、半年に1回は定期検診を受けるのがいいでしょう。自己管理とメインテナンスがインプラントを長持ちさせるために必須なのです。

Q インプラントが成功しなかったら、どうなるんですか?

歯科医院によっても異なりますが、世界的なインプラントの累積成功率は10年で95%以上という報告もあります。上顎で92~94%、下顎で95~98% とかなり高い成功率が得られています。これには術前にCTによる確実な診査・診断、術者の技術、インプラントの品質、お口の状態などが複雑に絡んできます。インプラントのメインテナンスが適切に行われていると、10年後は90%が十分機能していると言うことができるでしょう。ただし、骨粗鬆症、糖尿病、喫煙、歯周病、歯ぎしりなどにより、予後に影響を及ぼしてきます。しかし、メインテナンスをきちんと受けている場合でも、インプラントの経過が思わしくない状態になることもあります。このとき、万が一に備えて保証制度を設けており、たとえインプラントと骨が結合しなかった場合でもリカバリーすることが可能です。

Q 骨の量が少なくてもインプラントはできますか?

骨の高さや幅の状態が良好であれば、インプラントを行うことができます。しかし、歯を抜いてから期間が長くなっていると、骨がやせ細り、そのままインプラントをすることができないことがあります。骨の量が少ない場合、骨を作る手術(GBR法、スプリットコントロール、サイナスリフト、ソケットリフトなど)を併用したり、それに合わせてインプラント体の種類や位置を決定したりしています。これに術者の豊富な経験や技術も加わり、難しい症例にも対応することができるのです。
カウンセリング、検査は無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-24-4618 受付時間:10時〜20時(年中無休)

インプラント治療を成功させたい人が最初に読む本です。一般的なインプラントの知識から一歩踏み込んだ内容まで書かれています。

歯の悩みは1人で悩んでいても、なかなか解決しないものです。ぜひ専門のドクター、スタッフにお任せください。あなたのお悩みに丁寧にお応えいたします。

定期的に、無料インプラント説明会を開催しております。
インプラントってどんなもの…?そんな疑問にお応えいたします。

レントゲン・CT・口腔内写真・模型等も全て無料で作成し、骨の状態やインプラントの埋入本数等の診断もすべて無料で詳しく説明をさせていただきます。


ページの先頭へ

医療法人翔優会 よしどめ歯科専門ホームページのご紹介



よしどめ歯科 インプラント専門サイト

〒892-0826 鹿児島県鹿児島市呉服町6-5 マルヤガーデンズ4F TEL:0120-24-4618

Copyright © よしどめ歯科インプラント専門サイト. All Rights Reserved.

各種専門治療サイト

矯正治療専門サイト

小児歯科専門サイト